海ナンパ

2018.9.23 闇のナンパ師【デンマ】 第4回納涼船ナンパ!

梅おにぎりです

白くなって周りの人に「普通の人になったね」と言われたので、2日連続で日サロに行ったら真っ赤になってしまいました🍙

おまけに1000円カットでいつも通りオシャレになろうとしたらじゃがいもみたいになりました。

今回、第1回納涼船の相方、電マとコンビ即をするためリベンジマッチ。

18時、合流していつも通り軽快にいじられるおにぎり。

 

電マ「おにさん、顔近いです!」

おに「近いんじゃなくてデカイんや!」

 

デンマという男

ここでデンマについて知らない人もいると思うので説明する。

ナンパ界隈で一番闇に近い男。そういわれている。
具体的に彼が闇のナンパ師として何をしたか、分かっていることが一つ。

デンマーズ創設秘話

 

デンマがリーダーを務める闇のナンパ組織。
こっそりコンビチャンピオンシップや花見、忘年会や新年会など
なんやかんや20人くらいを集める世界屈指のナンパ組織で有名だ。

だが、このデンマーズ。
昔は違う組織だった。

グミチョコ海賊団

かつて世界にその名を轟かせた伝説のナンパ王【コーヒー】(Twitter

常人では考えられないブーメランツイートやツッコミどころ満載のツイートでおにぎりや沢山のナンパ師を困らせた伝説の男。

そんな彼が船長をつとめていた大ナンパ時代を担うであろうグミチョコ海賊団(4人)を
デンマが裏切りグループラインからコーヒーを退会させデンマーズを作り上げた。

デンマの裏切りに気付かず、数か月後に
「あれ、グミチョコ海賊団のLINEなくなってるー」
と言ったコーヒーを見て事件を知る人間が死にそうになったことをコーヒーは知らない

 

これを見てわかるが、非常に恐ろしい男だということが分かる。

 

本題に戻ってこんな感じで声掛けながら納涼船。

デンマとおにぎり

序盤からフルスロットル🍙

 

おに「わかる、夏の終わりっていいよね」

電マ「めっちゃ立つの上手くないですか!?!?」

 

 

2人ともそれぞれオープナーをぶっこむからめちゃくちゃなトーク。しかし笑わせる。

 

 

女子「めっちゃ面白いですね笑」

おに「顔が?よく言われるわ!」

女子「違う違う!!!」

 

 

だったり

 

 

女子「どこからきたんですか?」

電マ「めっちゃ泳いできた!疲れた!」

おに「まじ死ぬ気で泳いだからここ北朝鮮かな思ったわwww」

 

ふざけ通して7番ゲ。

闇のアモッグ師デンマ

途中。
パリピ女子が男にがっつかれてる。

電マ、マク○ナルドで20円は取れるであろう渾身のスマイルで手を振る。
女の子、こっち来る。


女子「おにいさんたちかっこいい!一緒にはなそー!」

男「ねえねえ!酒とりにいこ!何飲む!?」

女子「私この人達と話したい!またあとでねー!」

 

速攻セパってトーク。

 

女子「おにいさん慣れてるでしょ笑 余裕ある笑」

おに「んー?俺良い男だからな。女に困ってないし。」

女子「うわ、ちゃらい笑」

おに「うん。めっちゃ楽しませるからSEXしよっか。」

女子「私たち2人で楽しませてくれないとやだなー笑」

おに「なら4Pしよか」

 

この辺りでさっきの男二人組。

男「ねえねえ、ライン教えてよ!!!」

女子「えー。」

おに「いいんじゃん?ラインくらい。」

女子「えー優しい」

ライン交換を手伝って、放流。

おに「電マアモッグ強すぎwww」

電マ「なんかうまく行きました笑」

と、言いつつ、

20時40分ごろ。

そろそろ決めないとまずい。ふざけすぎて楽しいけど即れないやんwww

階段付近に女の子2人。男に囲まれてる。

電マ、20円のスマイルで手を振る。
女の子笑顔で返す。だが、男がしっかり囲っている。おにぎりが突っ込むか?待つか?

その時!!!ヒーローが現れる。

さっきのパリピ女子がその男達に
「おにいさんたちさっきはなそーって言ったのにもう他の女の子と話してるーちゃらーい!」

いなくなる男子。
手を振る電マとおにぎり。

オープン。

 

おに「良い男全然おらんやろ?良かったやん。俺らがきて。」

即子「あ、はい笑 でもなんで私たちなんですか?」

おに「即子は知らんかもやけど、俺の相方ずっと友達の方に手振ってたんよ笑」

即子「そうなんですね笑 じゃお兄さんは仕方なく付いてきた感じですよね笑」

おに「めっちゃ悪いこというやん笑 俺だって相手は選ぶわ笑」

 

こんな感じで残りの20分くらいを和んで、デート打診。

 

おに「俺良い男やし、一緒にいてもええやろ?向こうに合わせるけどさ。笑」

即子「うん笑」

下船して、向こうが着替えるのを待つ。
作戦会議が行われてるだろう。まぁ先ほどの男たちと自分たちの面白さはレベルが違う。顔のでかさでインパクトも与えられたはずだ。

案の定、普通に2人ともきてそのままセパって犬搬送。

ホテルイン。
即。

完璧な流れのコンビ即。
リベンジできたよ🍙

 

 

考察

結果的に一番強いオープナーは笑顔で手を振ることかなと思いました。

女の子達が男に囲まれてる時、そこに突っ込むよりは、間から笑顔で手を振った方が認識されますし、他のメンズの話の流れも止めることができます。

今回、電マくんがそれで二回アモッグしてくれたので即る事ができました。

あとは、できれば駅に向かう道ではもうセパっておきたいですね。

電マくんがゆっくり歩いて、自分が先に早く歩くことで自然とセパってそれぞれ搬送という形になったので。

理想形は船でセパってそのまま流れで搬送ですが、ロッカーに荷物を、浴衣をレンタルしてる、等色んな理由で再度合流しないといけないこともあるので、そこはそれぞれが仕上げて合流するのが事が大切だと思いました。

「もうこのまま流れに任せよう」と女の子同士話してたみたいなので完璧に即までの道筋が出来上がった形になりました。

ハイライト

女子「お兄さん。自分の事かっこいいと思ってるでしょ。」

おに「ん?まぁ良い男だからな。」

女子「。。。」失笑

と思えば

おに「俺が一番良い男やったろ?」

即子「うん!かっこいいし、パリピなのにまともに見えた笑」

これが人の感性の違いですかね🍙