人気記事

ナンパ師おにぎりの始まり。人生を変えた出会い【師匠MKとの三年間】

生きていく中で、出会う人間を選ぶことはできない。

だからこそ。
自分に良い影響を与えてくれる人は大切にしなければいけない。

おにぎりにナンパ師を教えた人間【MK】

おにぎりがまだおにぎりでない時、この人との出会いで人生が大きく変わった。

【出会い】2016年10月。

振り返れば出会ってから3年が過ぎようとしていた。
ここで、ナンパ師おにぎりの始まりを書いてみようと思う。

初めての出会い

このブログにも書いてあるように。
おにぎりにナンパ界隈を教えた存在が職場の先輩だったMKだ。

2016年の9月にナンパと出会った。
おにぎりと言うTwitterアカウントを作成したのは2017年4月26日(確か)

ナンパの日をきっかけにアカウントを無理やり作らされたのが始まりだった。
仕事中に、
「おにちゃんブログ書いた方が絶対いい。振り返って勉強出来るからwww」

と勝手にタイトル【身体は抱けても心は抱けない】を決められその場で作成したのも今となってはセンスしか感じない。

 

【成長】PUAの定義とは。

この半年間はTwitterもやっていなかった為、完全に野生としてナンパをしていた。
そもそもナンパ師とはTwitterフォロワー1000人を超えていたMKのような人をナンパ師と呼ぶのであって、自分はただのナンパ好きだと思っていた。

とはいえ、いつも一緒にジムに行くときにナンパをしていたから勝手に自分自身成長していたと思う。
彼は自分に直接的にナンパを教えたことは無かった。

やりたくもないのに無理やり声を掛ける行為が女の子を傷つけると知っていたから。

彼は女の子をリスペクトしていた。

「PUAはアーティストだから。俺らは彼女達を楽しませないといけない。」

 

おにぎりが女の子に対し怒らないのはこの教えがあったから。
女の子を楽しませられる男がPUA。
今でもそう思う。

 

 

【始まり】ナンパ師おにぎりの誕生

2017年の4月。ナンパの日。

おにぎりはうまれた。

 

MKには

「おにちゃんならすぐ有名になるよwwこんなに即る人俺の周りのナンパ師でもそういないもんw」

と言われたが。

2ヶ月以上やっても、フォロワーが100人を超えることは無かった。

正直、この頃は今のような存在になると思ったことは無かったからどうでもよくて、ナンパをして沢山の子とSEXしまくることが最高に楽しかった。

 

【教え】MKの教訓、おにぎりの反抗。

沢山のことを彼から教わった。
その一つに、ナンパ師がどれほど信頼できるのか。
というものがあった。

「俺はナンパ師に本名や仕事を言ったのは数人だけ。今後もナンパをしていきたいなら絶対言わない方がいい」

おにぎりは納得がいかなかった。

同じ女遊びを目的としているのに、なぜ足を引っ張り合うのか。
これが一年後、2人の足を引っ張ることとなる。

 

 

・有名アカウントとの合流

おにぎりのフォロワーが60人しか居なかったころ。

MKを通し、フォロワー4000人超えの有名アカウント○○に会わせてもらった。

今となっては浅はかだったと思うが、フォロワー数は偉大である。
その人が実際はどうであれ凄いと思わせてしまう(おにぎりにも言えることですが

その人に教わりたいから自分のことをベラベラ話すおにぎり。
止めるMK。

一年後。
おにぎりのフォロワーは3000人を超えていて当初では考えられないくらい有名になっていた。

そのころには嫉妬の怖さも知り、ナンパ師には名前・年齢・職業・出身地等、本当のことは何も言っていなかった(今では信じられないが黒豆にも本当のことを話したことがなかった

 

 

そしてMKから衝撃的な言葉を受けた。

 

MK「この前さ。○○の講習生からさ。MKさんとおにぎりさんって仕事△△なんですよね!○○さんから聞きました!って言われたんだよね。これだから人って信用できないよな。」

 

悲しそうに話すMK。
この○○はMKが個人情報を話した数少ない数人のうちの1人でもあった。

 

「まあ俺が信頼したのが悪かったんだけどさ。おにちゃんはもうナンパ師の中で完全にずば抜けてるから本当に注意した方がいいよ。」

 

おにぎりには怒りしかなかった。
MKは本当に人がいい。おにぎりと違って人間が出来ている。

だからこそ、俺はナンパ師を信じたくなくなった。

これとは関係ないが、おにぎりを始め有名になった人は掲示板等に写真なりSNSを晒されている。
金と女に関しては嫉妬がつきものだ。

 

 

【すれ違い】互いの考え

2017年10月。
あるイベントで2人に亀裂が入る。
忘れもしないハロウィンだ。

2人で仮装も考えて臨んだ週末初日。
MKは即り、おにぎりは坊主で既セクの家に逃げた。

MKの家に私服があったので昼に取りに行く。
そこにはMKはおらず、女の子だけがいて。

MKからはLINEで即りたかったら即ってもいいよ。と

おにぎりはその子を即った。

 

この時は勢いのままに女の子を抱いていて、周りを見ることが出来ていなかった。
もともと、おにぎりもMKもくるくるはしてもパスはしない人間だった。

だからMKも本来は即って欲しくなかったと考えていたはずだった。
でもおにぎりは即った。
ハロウィン当日までの数日、一度開いた溝は埋まらない。

・目先の即と友情

 

ハロウィン当日17時。MKの家で互いの意見をぶつける。

おにぎりは周りが見えていなかったこと

「俺は抱いていいと言われたから何も考えてなかったです。目の前の即しか見てなかったです」

MKははっきりと止めなかったこと

「本当はあの子を即って欲しくなかった。分かるかなと思って言わなかったけど、
俺の言い方も悪かったな。」

MKは優しい。
こっちの気持ちをちゃんと理解しているからこれでも怒ることはしなかった。

それが余計におにぎりを苦しめる。

「おにぎりはこれからもっと沢山のナンパ師に注目されると思う。全員性格がいいわけではない。だから俺は職業とかを言ったことはあまり無いんだよね。妬まれたりするから冷静に周りを見ることも必要だぞ。目先の即に気を取られたら本当に大切なものを失う。俺がいて良かったな~」

 

目先の即を求めて大切なものを失ってはいけない。
それだけ友情は尊くも脆いものだから。

約2時間。
ハロウィン当日に話し合い、互いの気持ちを吐き出し全てを清算したうえで街に出て。

可愛いミニスカポリス2人組をくるくるした。

 

 

【約束】それぞれの道へ

2017年も終わりに近付き。
合トレ後にMKの奢りで焼肉に行っていた。

そこで2人はそれぞれの目標を誓う。

・互いが授けた別の生き方を、自分の生きる道に変えて

MK「来年大会出るからマジで身体作るわ。」

おに「俺はもう少しナンパ頑張りたいです。まだ俺はナンパ上手くなれると思います。」

MKは筋トレ。おにぎりはナンパ。

MKはおにぎりにナンパを教えた。おにぎりはMKに筋トレを教えた。

互いが授けた別の生き方を、自分の生きる道に変え、2人は走り出す。

 

そして2018年。

MKは某大会で凄い結果を。
おにぎりは2018年に318人を抱いた。

 

・互いを認めてこそ

ここまでの結果を出したら、素晴らしい物語だと思う。
だが、おにぎりにも葛藤はあった。

2018年2月。
海外遠征のミーティングと兼ねて、久しぶりのトレーニング。

誰がどうみてもカッコいい身体に進化してるMKを見て嬉しさが止まらなかった。

自分がナンパばかりしてる間にここまで追い込んできたこと、
一方で自分の身体はかなりたるんでいることに情けなさを感じたおにぎりに対して、MKは言った。

MK「おにも俺も間違ってないよ。俺は筋トレで、おにはナンパで互いに更に成長して夏を迎えるって決めたじゃん。これまでの道のりは必ず結果に出てくる。ナンパで結果出し続けてきたおにさんがいるから俺は遠征の時何もしない。ポージングだけしてるから、おにの力で俺に即らせてよ。」

MK「俺らがこうやって別の道を極めていくことで、今度は互いに共有出来るでしょ。俺らが完璧に仕上がるまでにもう一年もいらないよ。」

おにぎりを勇気づけられる師匠。
それがMKだ。

 

 

 

【感謝】ナンパを始める人へ

おにぎりはナンパにおいて、誰よりも師匠に恵まれた。
本来、師匠というより職場の先輩というべきだが。

ネトナンで経験値を積んでいたおにぎりにネトナンをやめさせストリートナンパに連れ戻したり。
ベラベラ話してしまうおにぎりを止め、リスクの重要性を説いたり。
互いに違う目標を持っても応援し続けてくれたり。

おにぎりは彼に出会ってなかったらナンパ師を知ることはなかったし、ここまでナンパを続けることも無かった。

 

MKには感謝しかない。

 

何かのきっかけでナンパを知り、Twitter等でナンパ界隈に入ったあなたは、様々な人と出会うと思う。

 

その人はもしかしたらあなたを成長させてくれる人かもしれない。
だが、足を引っ張る可能性があることも、忘れないでほしい。

 

信じるなとは言わない。
現におにぎりですら黒豆のように、信頼できる友達に出会ったから。
それでも出会ってから仲良くなるまでに半年以上掛かった。

だから、急いで仲良くならなくていい。
時間はかかってもいい。

本当に信頼できると思うまでは、自分を守ることも考えておいてほしい。

 

 

 

おにぎりも最初は普通の人間でした。

あなたのようにナンパブログを読んでドキドキしながら、震えながら街に出て声を掛けて。

ただ少し、おにぎりはナンパ界隈で有名になり過ぎました。
知りたくもない人の悪い部分も沢山見てきて。

嫉妬や批判を受け続けてきた。

有名になることは、様々な責任を伴う。

自分の行動が周りに及ぼす影響も大きくなって
他のアカウントと言い合うことも増えました。

それでも本来、ナンパは楽しくて夢があるものだから

このブログを通して、ナンパの良いところを沢山伝えていきたい。
ブログを始めるきっかけをくれたMKの為にも。最前線でナンパをして、その全てを発信し続けたい。

 

 

あなたには信頼できる人はいますか?
その人はあなたを成長させてくれる人ですか?

 

 

このブログを読んでくれた方。
もしよければツイートをいいね・リツイートしてください。
ナンパをしたい・始めたばかりの沢山の人の目に触れてほしいと思ってます。