ストリートナンパ

2018.3.3 家の前での出会い。4年ぶりのSEX。

おにぎりです🍙

 

心踊る準即の話。

ストをし続け、負けての帰り道。
キャスをして、独り言をしながらのいつもの道。

周りを見ても人はいない。

AM1:30

信号待ちをしていた時、初めて横にいる女の子に気付いた。

すぐに声掛け。

おに「こんばんは!めっちゃ仕事して疲れたって顔してるやん笑」



彼女「え、あ、はい、まだ仕事中なんです。笑」

おに「まじで!?めっちゃ疲れてるやん!

同い年の彼女はすっぴんだったけど好きな顔のタイプだった。

おに「俺家すぐだからさ、仕事終わった後とか飯行こうよ!LINE教えて!」

番ゲ。
LINEも繋がり、色々聞き出す。

 

仕事が好きな女の子

彼氏は4年程おらず、その間にワンナイトもしたことない。

仕事が忙しいけど好きだからなんとも思ってない。

そんなはずない。
そう思い、アポを組む。
いつもの水族館、いつものトーク。
寝不足を理由に打診。

彼女「いってもしないよ?」

おに「え?なにをするん?」

彼女「なんでもない!」

ホテルイン。

覚悟は出来ていたらしい。

4年ぶりのSEX。

最初は痛がっていたが途中からはしっかりと。

即後、全て明かした

名前、仕事、嘘ついていたことを謝った。

おに「ナンパしておいて言うのもあれやけど、しっかり信じられる人にしか言いたくなかった。周りの飲み友にも言ったことないからさ。」

また会いたいと思ったのかもしれない。

正直、

可愛い子はもっと沢山いる。

でも落ち着く雰囲気が好きだった。

久しぶりに良い出会いをしたと思った。

家の前でも出会いが待ってるんだからナンパっていいですね。