未分類

2016.9.16 【ナンパ開始!】納涼船での修行

初めての会話

初めて納涼船に連れていかれ、先輩ばかりが話しかける中
「とりあえず話しかけろ」と命令を受けた。

先輩命令、とても嫌だが断れない。

「ねえねえ、何飲んでるのー!」

かなり緊張したがなんとか会話は出来た。
だが、全く続かない。

先輩が相手を笑わせている間も自分は愛想笑いしかできなかった。(この人は凄い人なんだ。)そう感じた。

初めての連れ出し

沢山の女の子と話した後、二人組の子と二次会に行くことになった。
人見知りではなかったから話せはしたが、この時はまだ知識もなく。ただ話して終わった。
連絡先も聞いたが全く続かなかった。

ここから自分の中の修行が始まった。

先輩の動きを思い出して、相手を笑わせる話を考えた。
何もかもが自己流だったが
3回目で3人組の女の子から2人を
仲の良い同僚とコンビで初めてお持ち帰りが出来た。

満足だった。アポも数件取り付けた。
勢いに乗っていた。生まれて初めてナンパをして
イケメンでもない自分が女の子を口説き落としている。

本当に勢いだけで一ヶ月突き進んだ。

その結果

先輩と揉めた。
理由はしょうもないこと
だった。
ナンパを教えてくれたことに感謝しているが、話すことは無くなった。

 

 

これがおにぎりが完ソロでナンパをするきっかけになった1番の理由です。